東葛子ども観光大使

自分たちのまちをもっと知ろう!体験しよう!仲間を作ろう!

 「子ども観光大使」事業は、小学生の子どもたちにもっと自分たちの住むまちの良さを体験を通して知ってもらい、仲間を作り、家族の絆を深め、自分たちのまちに誇りを持ってもらうための活動です。

 今年度は、松戸我孫子の3会場で行います。

 

◆去る10月10日 日曜日、柏会場は盛会にて終了しました。12月11日 松戸会場も盛会にて終了しました。ただいま、我孫子会場(2月4日開催)の受付中です!!

 皆様のご参加をお待ちしております。

平成28年度 東葛子ども観光大使 チラシ
ご自由にダウンロードしてご利用ください。
東葛子ども観光大使チラシH28.pdf
Adobe Acrobat ドキュメント 1.3 MB

申し込み受付中です!!(2月4日 我孫子会場)

下のボタンをクリックすると申し込みができます。

平成29年2月4日(土) 我孫子会場

14:00~16:10 我孫子市鳥の博物館 先着30名

参加費 無料

※保護者入館料が必要です。

 

テーマ

『手賀沼の野鳥を観察して豊かな自然を体感しよう!』

 

平成28年10月10日(月・祝) 柏会場 終了しました!! 

10:00~14:00 さわやかちば県民プラザ 先着親子16組 

 参加費 1人500円(親子で1,000円)

 

テーマ

『柏をはじめとする東葛地区の発酵について学ぶ

〜柏野菜を取り入れて』

                         ※材料費1人500円

講師:一般社団法人日本糀文化協会

 代表理事 大瀬由生子氏

  理事  川浦智子氏 

平成28年12月11日(日) 松戸会場 終了しました!

14:00~16:10 松戸市戸定邸、戸定歴史館  先着30名

 参加費:無料

 

テーマ

『私たちのまちのじまんはこれ!

 戸定邸の魅力を伝えよう!』

 

松戸駅から少し歩いたところにある「戸定邸」は徳川慶喜の弟、昭武が住んでいました。戸定邸は国指定重要文化財、庭園は国指定名勝です。四季折々の表情で、訪れた人を楽しませています。当時のままに保存された邸宅内に入ることができ、子どもなら探検する気分でドキドキワクワクするでしょう。
都市部松戸にもこんなに豊かな自然に囲まれた、素晴らしい観光名所があるのです。
当日は、敷地内にある戸定歴史館を見学後、昔体験(予定)をします。
その素晴らしさを、体験した感動を通して伝えられる松戸子ども観光大使になって、多くの人に伝えましょう!

定員30名

 

戸定歴史館ホームページ↓
http://www.city.matsudo.chiba.jp/tojo/