「中学年スタートダッシュ講座」                 特性を知り、4月に打つ対策が1年間を決める!中学年学級経営講座

 中学年は元気です。

 子どもたちのやる気を学級経営、学習にむかせていければ、子どもたちはより素晴らしい方向へ成長します。

 4月だからこそ子ども達に大切なことが伝わっていきます。

 4月にクラスの基本方針、ルール、仕組みをつくることが1年間の教室を決めます。

 子どもたちのやる気を学級経営、学習に生かす方法を大公開する講座です。

 

【期日】平成28年4月8日(土)【資料代】1000円

【時間帯】14:00~16:30(受付開始13:40)

【会場】松戸市民会館202号室(千葉県松戸市松戸1389−1)

【講座内容】※変更になる場合があります

第一講座
保護者会でも、そのままこの話ができる!中学年の特徴を生かした育て方のポイント
 中学年の特徴を知り、どのような姿を目ざしていくとよいのでしょうか?
 その解説とそれをもとにどのように接するといいのか、学級経営のポイントを紹介します。
 そしてこの話は保護者会でも使える資料と共に紹介いたします。
 なお、この講座で使用するスライドは特典としてプレゼントいたします!
  保護者会でも修正してご活用ください!
 
第二講座
特別支援を要する子供たちを成長させてクラスを成長させる!
               成長させて高学年に引き継いでいく為の基礎基本
(1)学力が低い子たち(九九ができない 漢字が書けない等)への指導方法
(2)ケンカばかりしてしまう子たちに対する指導方法とケンカ指導法
(3)落ち着きがなく先生の話が聞けない子たちに対する指導方法
 
 学力差が現れる。
 ケンカが多い。
 落ち着きがない。
 今回は特に代表的な三つの事例に対する効果的な指導方法を紹介します。
 そして、そのような行動が減るための手だても合わせてご紹介します。
 中学年でしっかり指導を受けていれば、高学年で大きく崩れることはありません。
 中学年の教師はまさに学校の要です。
 
第三講座
中学年のやる気をクラスづくりに生かす係指導
 中学年はやる気いっぱい、アイデアいっぱい。
 そんな中学年のやる気をクラスづくりに向けさせる係指導のポイントがあります。
 ポイントの一つ目は毎日ある仕事と、工夫が必要な仕事を分けることです。
 そしてそれを全員に分担することです。
 そのやる気を1年間継続させるにはさらに別なポイントも存在します。
 1年間子どもたちのやる気が継続する係活動の紹介です。
 
第四講座
4月に打っておくべき国語・算数・社会のルール&各教科の基礎基本講座
 
(1)国語のルールと基礎基本① 
漢字は覚えられるからやる気が出る!1年間使える漢字指導法
 3,4年生できちんと身につけておきたい漢字。
 主要漢字をしっかり書けるようにしたい!
 漢字は日々の繰り返しによって身につけさせることができるという研究もあります。
 毎回の授業で少しずつ扱うことで子どもにも教師にも無理なく指導できます。
 子どもたちのやる気を持続させ、子どもたちに身につけさせたい漢字をどう指導するのかご紹介します。
 
(2)国語のルールと基礎基本② 
すらすら読める子を育てる!1年間使える音読指導方法
 短い詩。説明文や物語文。
 すらすら読めるから内容もわかります。
 様々な文章をどのように読ませるかがすっきりわかる音読指導方法をご紹介します。
 
(3)算数のルールと基礎基本 
ノートのとらせ方で子どもの学力が決まる!授業開きから日常の指導までのノート指導
 ノートがきれいに書ける子は点数も高いです。
 それはミスをしないていねいさがあるからです。
 しかしそれはどのように指導していけばいいのでしょうか?
 授業開きの指導、ノートをきれいに書かせる日常の指導法をご紹介します。
 中学年算数のスタートダッシュをきるための必須情報満載です!
(4)社会のルールと基礎基本 
1学期は資料読み取り力を鍛える!4月単元の進め方
 社会科入門期の中学年。
 1つの写真や絵の資料からたくさんのことを読み取る事が出来る力は社会科だからこそ培えます。
 資料から読みとる授業が多い中学年だからこそ必要な指導があります。
 社会科の資料読み取り力をどうきたえるか、その指導方法4月の単元を通して紹介します。
 3年生の地域単元のつくりかた、4年生の安全単元のつくりかたも紹介します。
 
第六講座 中学年何でもQ&A

メモ: * は入力必須項目です